M'S gallery

bibianm.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 09月 18日

常滑の製陶所

先日 陶華さんの器展の手伝いをさぼり 山文製陶所へ遊びに行って来ました。
常滑焼の伝統技法“ヨリコ造り”による甕(かめ)や壺(つぼ)などの大物製品製造の第一人者で、伝統工芸士の前川賢吾氏が作った 180cmの風呂桶が窯詰めされていると聞いたので・・・・
c0211991_10355730.jpg

鉄釉薬がかけてあるそうです!出来上がったら鳥取に納品されるそうです。
c0211991_103748100.jpg

どうやって窯詰めされたか聞いたんですが 企業秘密で 教えてもらえませんでした。

窯が焚かれてます。
c0211991_10413745.jpg

窯横で待機
c0211991_10385994.jpg

一番上にも 風呂桶があります。
人力で・・・・
c0211991_1040512.jpg
c0211991_10401839.jpg


もう1台 窯詰め
c0211991_10473457.jpg

上に乗っかってるバケツなどは焼きませんよ。
この上に もう一つ風呂桶か乗るそうです。
c0211991_10432573.jpg

全部で4台が 一度に窯詰めされ 焼かれるそうです。

by bibianm | 2010-09-18 10:54 | 陶芸


<< 春の花 秋の花      「風のように雲のように」 陶華展 >>